会社案内

会社沿革

1988年 (株)クボタ内燃機器事業本部の商社機能を持つ会社として設立。
補修部品輸出を開始。
1997年 KMA(アメリカ)向生産用部品輸出を開始。
2000年 ブラジルより鋳物部品、及び他の生産用部品輸入を開始。
2004年 KIE(アメリカ)向け生産用部品輸出を開始。
2007年 (株)クボタ機械調達本部扱い直貿生産用輸入案件のKMTへの移管を開始。
2008年 SKC(タイ)向生産用部品輸出を開始。
2009年 堺オフィスを開設。
2010年 KAMS(中国)製コンバインをフィリピンに輸出し、 製品三国間貿易を開始。
海外調達部品の物流集約拠点としてタイ、韓国、インドにKMT管轄の物流拠点を設置。
2011年 タイ、インドの生産用部品を三国間貿易としてKMA(北米)に輸出を開始。
海外調達部品の物流集約拠点として中国にKMT管轄の物流拠点を設置。
2012年 KET(タイ)、KCW(中国)、KAMS(中国)向け生産用部品輸出を開始。
AEO (特例輸入者・特定輸出者)の認証を取得。
2013年 (株)クボタ機械部門の補修部品取扱いを(株)クボタに移管。
海外クボタ生産工場向け生産設備輸出業務を開始。
2014年 自社通関開始。
2015年 中国の生産用部品を三国間貿易としてKMA/KIE(北米)に輸出を開始。

ページの先頭へ

ページの先頭へ